しっとりとした風情漂う純和風旅館

夜景の見えるお部屋でいただく季節の会席が評判の宿【長崎県 にっしょうかん別邸紅葉亭】

国の重要無形民俗文化財に指定されている「長崎くんち」で有名な諏訪神社。その近くの高台にたたずむ純和風旅館が「にっしょうかん別邸紅葉亭」です。函館市の函館山、神戸市の摩耶山とともに、「日本三大夜景」とされている長崎市の稲佐山からの夜景。長崎湾を隔てて反対側の高台に位置するこのお宿もまた、煌めく長崎市街の夜景をお部屋からお楽しみいただけるお宿です。 「紅葉亭」は、すぐ下にある「長崎にっしょうかん」の別邸で、渡り廊下で姉妹館の「にっしょうかん新館 梅松鶴」とも繋がっています。それぞれに個性的なお宿ですが、なかでもこの「紅葉亭」は、格調高く贅を尽くした客室と細やかなおもてなしが評判のグレードの高いお宿です。
稲佐山夜景卓袱料理
エリア : 九州全般長崎県
テーマ : ホテル・旅館
投稿日 : 2021.12.22
格調高い和家具・調度品を配した客室で日本の雅を楽しむ
専用の庭をもつ数寄屋造り特別和室の一つ
地上3階、地下1階のお宿の客室はわずか23室。全室が60平方メートル以上の広々とした和室や和洋室です。どのお部屋にも格調のある和家具や調度品を配しており、風雅な日本の宿を感じていただけると思います。大きな窓からの眺めは素晴らしく、長崎の街から長崎港、稲佐山などが一望でき、長崎随一の宝石のような見事な夜景がご覧になれます。 このお宿が一番におすすめするのは、ロビー奥の専用の渡り廊下でご案内する5室の数寄屋造りの特別和室。贅を尽くした紅葉亭の最高級のお部屋で、お部屋ごとに専用のお庭かバルコニーが付いています。それぞれに和室3間続き、または和室2間と居間など、4つのタイプがあり、浴室は檜風呂。茶の湯や生け花などの風流を好まれるお客様には、きっとぴったりの大人の隠れ家的なお部屋です。
季節を楽しむ日本料理の神髄をお部屋でゆっくり楽しむ
季節毎に変わる特選和食会席(イメージ)
夕食は、季節毎に変わる会席料理や長崎伝統の卓袱[しっぽく]料理をお部屋でゆっくりと召し上がれます。会席料理、卓袱料理共にそれぞれ基本(スタンダード)~特選(優雅)まで計4種類あります。各お料理は季節によって、また仕入状況に応じて内容は異なりますが、会席料理か卓袱料理、またご予算に応じてご予約下さい。 秋の会席特選料理では、松茸の土瓶蒸しに加え、鮑の磯煮や季節の炊き込みご飯など、厳選した旬の食材を使い、一品一品丁寧に調理されたお料理をご用意しております。冬の卓袱料理では、鱧の湯引きや豚角煮の名物「ハトシ」など、初めにおもてなしの心を込めてお出しする具沢山のお吸い物の「尾鰭椀[おひれわん]」から、口取りや中鉢、油物など、しめの梅椀(お汁粉)まで、長崎伝統の味がたっぷりと味わえます。
長崎市街を見下ろす湯船で旅の疲れを癒す
大きなガラス窓から眺める長崎のまちが思い出に
お部屋は全室バス付きですが、1階には男女別の展望浴場があります。こじんまりとしたお風呂ですが、清潔感があり、大きなガラス窓からは長崎市街を眺めることができます。ゆったりとお湯に浸かりながら、煌めく長崎の夜景を眺めれば、きっと長崎の旅の思い出の一つになります。 貸切で利用できない場合もありますが、渡り廊下で行ける姉妹館「梅松鶴」の大浴場や露天風呂もご利用になれますので、ぜひこちらもどうぞ。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。

九州のその他の記事