【北海道】北の大地を満喫!北海道のみどころ4大エリア紹介

広大な北海道を旅するなら、エリアを定めてめぐるのが鉄則!絶景・観光・グルメのすべてが揃う「道央エリア」、函館を中心とした歴史ある街並みが魅力の「道南エリア」、富良野のラベンダー畑や美瑛の丘など美景が自慢の「道北エリア」、神秘的な湖や流氷などの大自然が堪能できる「道東エリア」。今回は、この4エリアの楽しみ方を紹介します。
函館富良野小樽モデルプラン
エリア : 北海道
テーマ : 自然・山,街あるき,ショッピング,ご当地グルメ
投稿日 : 2022.6.19
【道央エリア】北海道の楽しみがすべて味わえるエリア
夕暮れに灯るガス灯が趣深い「小樽運河」
新千歳空港と札幌駅を擁し、北海道旅行の起点となるエリア。北海道を代表する都市である札幌に加え、レトロな建物が数多く残る港町・小樽や、地区の約95パーセントが森林という自然豊かな日高、ニセコや洞爺といったリゾートエリアなど、バラエティに富んだ観光スポットが魅力です。 北海道の中央に位置し道内全域から食材が集まるという場所柄、グルメスポットも充実。スープカレーや締めパフェなど、北海道ならではのグルメは要チェックですよ!
【道南エリア】函館でロマンチックなムードを満喫
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星に認定された函館山の眺望
このエリアの中心は、異国情緒漂うロマンチックタウン・函館。江戸時代から国際貿易港として栄えてきた歴史をもち、ハイカラな洋館や教会など歴史的建築物が点在しています。フォトジェニックな街並みを散策しましょう。 夜景の美しさでも知られ、「函館山」からの眺めも絶対に押さえておきたいところ。イカやカニ、ホッケなど近海の新鮮魚介、開港以来根付いている洋食、函館塩ラーメンなど、函館名物も存分に!
【道北エリア】ここでしか見られない美しい景色に感動!
ラベンダーが見頃を迎えると紫の絨毯が一面に広がります
旭川や富良野、美瑛といった北海道有数の観光地を擁するこのエリアでは、雄大かつ美麗な自然風景が楽しめます。富良野のラベンダー畑が最盛期を迎える7月は、大勢の観光客でかなり込み合うので事前のプランニングが重要です。 そのほか、“利尻富士”とも呼ばれる名峰「利尻岳」のある利尻島や、花の浮島と称される礼文島といった魅力的な島々もあり、絶景探しにピッタリ。人気の観光スポット「旭川動物園」と合わせて、美景めぐりを楽しむのがおすすめです。
【道東エリア】手つかずの大自然が生み出す絶景が見もの
「釧路湿原」にある展望台からの景色は雄大そのもの
スケールの大きい、勇壮な自然を楽しみたいという方には、道東エリアがうってつけ。知床五湖を散策したり、知床峠をドライブしたりすれば、手つかずの大自然を満喫できますよ。 また、稀少な動植物が生息する日本最大の湿原「釧路湿原」や、高い透明度が作り出す青い湖面が美しい「摩周湖」、マリモで知られる「阿寒湖」など、神秘的な光景に出会える絶景スポットを巡るのもおすすめです。
※記事には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。