静かな唐津湾を望むハイクラスリゾートホテル

美しい唐津湾に臨む、癒やしとくつろぎのリゾートホテル【佐賀県 唐津シーサイドホテル】

唐津湾沿いに、長さ4.5km、幅約500mにわたって広がる「虹の松原」は、およそ100万本の松が美しい景観をつくる名勝地。日本三大松原の一つといわれています。 「唐津シーサイドホテル」は、「虹の松原」に隣接するリゾートホテル。建物は西館と2019年にリニューアルオープンした東館から成り、和室、洋室、和洋室とバリエーション豊富な客室タイプを揃えています。自慢の展望浴場「唐津シーサイド温泉」は、西館・東館にそれぞれあります。西館展望浴場は誰でも利用できますが、東館の大浴場や岩盤浴、サウナ、屋上のルーフトップサーマルバス「ホワイトビーチ」などのスパ温浴施設、インドア・アウトドアプールは東館宿泊者専用です。 また、ホテル内に飾られている東西のさまざまな美術品も一見の価値あり。静寂の中で最高のくつろぎを約束してくれるホテルです。
唐津虹の松原オーシャンビュースパ
エリア : 九州全般佐賀県
テーマ : 温泉・立ち寄り湯,リゾート,ホテル・旅館
投稿日 : 2022.6.23
唐津ならではの名物の新鮮なイカや佐賀牛を堪能
西館宿泊では烏賊活け造りと佐賀牛会席を(イメージ)
朝食・夕食は、JTBエースの東館宿泊では東館1階のバイキングレストラン「月波楼」にて地元佐賀の食材を用いたご当地グルメをどうぞ。朝食は和・洋のビュッフェスタイル、ディナーは、唐津産の新鮮なイカやアワビ、佐賀牛を中心に楽しめます。その日の入荷次第にはなりますが、活きイカの刺し身が提供されることも。ライブキッチンではステーキや天ぷらなどのできたて、揚げたてを。スイーツも豊富で特にジェラートが絶品です。 西館の宿泊では烏賊[いか]活け造りと佐賀牛などの会席料理を「日本料理 松風」や広間で。鉄板焼き「吉祥」もあります。 「自然と一体」、「地産地消(スローフード)」、「安心安全」、「体に優しい」をテーマに創造された料理の数々を、刻々と色を変える海と空を眺めながら味わう、格別なひとときが過ごせます。
ラグジュアリーな気分でゆっくりとくつろげる
東館のデラックスツインルーム
客室は東館に95室、西館に44室。全室オーシャンビューで、唐津湾の景色と波の音に身も心も癒やされます。西館は広々とした和洋室を中心にファミリーにおすすめのお部屋が多く、東館はツインルーム、ダブルルームのお部屋です。東館の内装はパステルカラーを基調とした優しい配色で、窓から見える空と海の青さとマッチする、こだわりが詰まった仕様です。客室の冷蔵庫内の飲み物は無料なのもうれしいポイント。 東館7・8階は「シーサイドファンクラブ」会員専用の宿泊フロア「クラブフロア」。クラブフロア宿泊者専用のクラブラウンジ「グランブルー」があります。
眺望抜群の展望浴場、東館では最先端のスパリゾート体験も
東館屋上のルーフトップサーマルバス「ホワイトビーチ」
展望浴場「唐津シーサイド温泉」は、西館3階に男女別の露天風呂付展望浴場「しおさいの湯」、東館2階に露天風呂付の女湯「虹の湯」・男湯「松の湯」があり、目の前に広がる唐津湾を眺めながらゆったりと入浴ができます。泉質はどちらもナトリウム-塩化物強塩泉で、湯上がりのお肌はツルツルになりますよ。 東館の展望浴場とサウナ3種類、岩盤浴、スパラウンジ、8階のルーフトップサーマルバス(屋上天然温泉プール)が揃う最先端のスパリゾートは東館宿泊者専用。ホテルが提案するのは、さまざまな温度のサウナや浴槽を順番に巡ることで、より深いリラクゼーションを得る「ローマンアイリッシュスタイル」。岩盤浴から3つのサウナを巡って血液循環を促進。休憩後に大浴場のスチームサウナ(男性はドライサウナ)、最後は大浴場の外湯、内湯。水着を着用する男女共用の屋上のルーフトップサーマルバス「ホワイトビーチ」から望む、唐津湾と虹の松原はまさに絶景です。 ▶宿の基本情報・アクセス・地図はこちら
※記事には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。

佐賀県のその他の記事