港を守るように浮かぶ中の島

絶景の露天風呂と熊野灘が育む海の幸を満喫【和歌山県 碧き島の宿 熊野別邸 中の島】

古くから熊野三山の参詣道・中辺路[なかへち]の東の入口として栄えて来た那智勝浦。熊野那智大社や那智滝など熊野古道のみどころに加え、勝浦魚港は日本屈指のマグロの水揚げを誇り、さらには湯量豊富な温泉が湧く南紀勝浦温泉としてもその名を知られています。「碧き島の宿 熊野別邸 中の島」は、そんな那智勝浦の沖合、港を守るように浮かぶ中の島の全国でも珍しい一島一旅館。勝浦港から専用船でのお迎えがあり、半世紀以上続く情緒あふれる老舗旅館です。紺碧の海に囲まれた小島で、天然温泉やお料理、そして、おもてなしを心ゆくまでご堪能いただけます。
天然温泉那智勝浦中の島
エリア : 和歌山県
テーマ : 温泉・立ち寄り湯,ホテル・旅館
投稿日 : 2021.11.6
泊まるだけではもったいない魅力溢れた温泉宿
お宿のある中の島は、熊野灘の景勝地「紀の松島」の島々の一つです。周囲約1.7km、標高38.2mの緑溢れた小島で、船着き場のある入江には新館(本館)「凪の抄[なぎのしょう]」が、もう1つの入り江にはグランピングキャビン、勝浦港側には別館「潮聞亭」があります。 この3つの宿泊施設を中心に、島内には露天風呂「紀州潮聞之湯」、海を眺める2つの足湯、見晴台、ヘリポートなどが点在し、魚釣りや星空観察も楽しめます。山上遊歩道も整備されていますので、ぜひ散策なさってください。また、一島一旅館をまるごと“貸し切り”できる企画もあります
海の青さと打ち寄せる波音、潮風を感じて入る温泉の醍醐味
湯浴み着の用意も万全な露天風呂「紀州潮聞之湯」
中の島島内に湧き出す6本の源泉は合わせて1日約700トンと湯量豊富。無色透明で、美肌効果抜群の含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉です。潮聞亭の露天風呂付き大浴場をはじめ、貸切露天風呂、足湯などの湯処に配湯され、すべて源泉掛け流し。女性用大浴場の2つの露天風呂のうち、2階の寝湯の露天風呂「星の湯」はリラックス感抜群です。 中の島名物の絶景露天風呂「紀州潮聞之湯」は男女別にあり、眼前に広がる海を眺め、打ち寄せる波の音を聞きながらの湯浴みが開放感満点。きっと忘れられない旅の思い出になることでしょう。
海を眺めてゆったりと寛ぐ、心和むひと時がここに
「凪の抄」のラグジュアリーデラックスルーム
宿泊は、全室露天風呂付きの新館(本館)「凪の抄」の10室と、6階建ての別館「潮聞亭」の34室、グランピングキャビン4棟をご用意しています。 「凪の抄」のお部屋は、木の温もりを感じるシックでモダンな内装の和洋室が多く、館内のラウンジ「磐座」ではドリンクやお菓子、夜には梅酒のサービスも。露天風呂は温泉ではありませんが、ラグジュアリーな宿泊がお楽しみいただけます。 「潮聞亭」は、海を眺めてゆったりできる落ち着いた和室がメイン。グランピングキャビンは各棟4ベッド。「潮聞亭」の和室も同時に利用して宿泊することができる優れものです。
マグロをはじめ、那智勝浦の食材を食べ尽くす
彩りも豊かな秋の白龍プレミアム会席(イメージ)
海鮮たっぷりのバーベキューがメインのグランピングキャビンを除き、お食事は個室もある「ダイニング熊野の恵」で。お料理は、匠の技を駆使した季節のプレミアム会席です。 食材は、勝浦漁港に水揚げされた生マグロをはじめ、熊野牛、伊勢海老、アワビ、紀州南高梅など、どれも吟味した新鮮な素材で、毎日その日の献立を作り上げています。秋の味覚として松茸、冬にはクエ料理も。朝食では「中の島の温泉水湯豆腐」がとてもおいしくお召し上がりいただけますよ。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。