高知城にも近い観光に便利なくつろぎとおもてなしの宿

料理自慢の宿で高知の味覚を楽しむ【高知県 土佐御苑】

江戸時代、土佐藩の城下町として栄えた高知市。幕末の志士・坂本龍馬や、徳島の阿波踊りと共に四国の夏の風物詩であるよさこい祭りでも知られている街です。名物のカツオのたたきや皿鉢料理は、南国の気候と風土が生んだ郷土料理ですが、お酒好きの豪快な高知の人々の気風も感じられるようなお料理です。 そんな高知の宿の一つが「土佐御苑」です。高知駅から徒歩7分、飲食店や物販店が集まるひろめ市場や名城高知城も徒歩圏内のベストな立地。さらに「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理部門で連続入賞している料理自慢のお宿です。
料理自慢四国
エリア : 四国全般高知県
テーマ : グルメ,ホテル・旅館
投稿日 : 2021.11.27
郷土料理に創作料理、安心感のあるおいしさが魅力
カツオのたたきが必ず付く季節の会席料理(イメージ)
旅行新聞新社主催の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理部門で連続入賞しているだけに食事のおいしさは保証付きです。「美味しいと思っていただけるのは“安心感”。」という総料理長・渡邉晋一氏。古くからの郷土料理の伝統を守りながら、新しい食材や調理法にも挑戦した創作料理も提供しています。 夕食はお部屋食か夕食会場のどちらかで。月替わりの和会席を基本に、いろいろなプランが用意されていますのでニーズに合わせてご利用ください。カツオを「焼く」、「切る」、「盛る」を目の前で見学できる本館のたたき工房は高知ならでは。秋には戻りガツオ、カニ鍋など食欲をそそる「紅の幸会席」に舌鼓。地元のひまわり乳業とのオリジナルコラボ商品「リープルソフトクリーム」もここだけでしか味わえません。 「朝食四国一宣言」を謳う朝食も、内容充実で満足度大です。
高知らしさにこだわった「The こうちふろあ」で旅情を楽しむ
ゆっくりと寛げる本館の和モダンツインルーム
本館と料亭「花蝶庵」、西館の3棟に、客室は65室。和室を中心に、洋室や和モダン、和洋室などがあり、ビジネスのお客様から家族連れ、団体様まで対応しています。どのお部屋も異なるコンセプトと和モダンな造りのセンスのよいお部屋です。 なかでも「七草の章」と名付けられた7室限定のハイグレード和室は、このお宿一押しのお部屋。秋の七草とすてきな笑顔の女将が好きな蝶のモチーフが、お部屋のあちこちにさりげなく施されていて優雅な雰囲気。本館6~9階に設定された「The こうちふろあ」の17室のお部屋は、土佐和紙や虎斑竹などの県産品を用いた地元・高知らしさにこだわっていて、旅情を高めてくれます。高知城や高知市街を眺める「御苑スイート」は1室限定の露天風呂付き客室。3つのコンセプトスイートルーム「とさ」、「よさこい」、「しばてん」とともに、やっぱり人気が高いですね。
旅の疲れを癒してくれるお風呂でまったり
かまくら風呂が好評の大浴場女性露天風呂
大浴場は男女別に2つ。それぞれ男性浴場はサウナ付きの内湯に、露天の岩風呂とかめ風呂、女性浴場はサウナ付きの内湯に露天のかめ風呂と岩風呂、かまくら風呂があります。 お湯は温泉ではありませんが、男女ともあるかめ風呂と女性用のかまくら風呂の湯船は、天然ラジウム鉱石で造られた信楽焼、女性浴場の岩風呂には海洋深層水シーバスタイムを使用していて心地よい湯浴みが楽しめます。ほっこり一人の湯浴みがなんとも安らげるかまくら風呂は絶対おすすめです。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。

高知県のその他の記事