誰もが楽しめる魅力満載のリゾートホテル

温泉、体験、料理も満点のリゾートホテル【徳島県 アオアヲナルトリゾート】

神戸淡路鳴門自動車道の鳴門北ICからすぐ、青い海に面して大毛海岸に立つ南欧風リゾートホテル。 鳴門市には、鳴門の渦潮や大塚国際美術館、鳴門市ドイツ館などの見どころがありますが、このホテルにも魅力がいっぱいです。天然温泉浴場やガーデンプール、テニスコートなどのレジャー施設、多彩な体験プログラムやアクティビティなど一年中目いっぱい遊べるリゾートです。もちろん、地元鳴門や徳島の食材を使った料理も、5つのレストランやカフェで存分に楽しめます。
鳴門温泉美人の湯南欧風リゾート四国
エリア : 四国全般徳島県
テーマ : 温泉・立ち寄り湯,リゾート,ホテル・旅館
投稿日 : 2021.11.22
ビーチで、畑で、ホテル内で、多彩な体験に感動しきり
秋に人気の「鳴門金時」の芋掘り体験
釣り体験やクルージング、夏にはマリンスポーツが楽しめるアオアヲビーチには、アート工房もあり、ジェルキャンドルなどの手作り体験も。ホテル内の「阿波の國」では阿波藍染めや阿波手漉き和紙など伝統文化体験を用意。 毎年好評の「秋の芋掘り体験付プラン」は9~11月限定ですが、ホテル近くの芋畑で、鳴門の海砂で育まれた鳴門金時を収穫します。掘ったお芋は約1.2kgをおみやげに。このプランには釣り堀体験や「阿波の國」の縁日で使える「たぬきのお金」付きの特典も。子どもたちのための体験プログラム「たぬキッズプログラム」も要チェックです。
新婚さんも家族連れも満足の15タイプのお部屋
8階建ての本館メインタワーと、9階建ての南館サウスタワーの2棟に、客室は全部で208室。全室オーシャンビューで、バラエティーに富んだ15タイプのお部屋があります。南館最上階スーペリアツインハイフロアのお部屋は、パステルカラーの内装と鳴門海峡の眺望が格別。ヒマワリの絵画や壁紙など、ゴッホの世界が楽しめるゴッホのヒマワリルーム、家族連れにはリゾッ太ルームキッズが大好評です。3つのスイートルームのうち、リヴィエラ・スイートは天蓋付きベッドにオーシャンビューバスを備えていて人気のお部屋です。
地元鳴門や徳島の食材を使った料理をレストランやカフェで
レストラン「フォーシーズン」の「紅葉鯛・阿波美豚のデュエット」(イメージ)
阿波尾鶏、阿波美豚、鳴門鯛、阿波野菜など、徳島県産の食材を、このホテルでは「阿波ふうど」と呼んでいます。「阿波ふうど」を使ったお料理は、メインダイニングのフランス料理「フォーシーズン」、割烹バイキング阿波三昧の「阿波郷土料理 彩」、「テラスカフェ オーゲ」など本館の5つのレストラン&カフェで味わえます。 なかでも「彩」では、鳴門の郷土料理も取り入れた多彩な料理が満載です。一刀おろしで豪快にさばいたマグロのお刺身には、名産のスダチが似合いますよ。本館最上階の「フォーシーズンでは「紅葉鯛・阿波美豚のデュエット」や「阿波藍ディナー」がおすすめですね。テラスカフェ「オーゲ」の約20年続くオリジナルレシピの鳴門金時タルトは外せません。
地下1200mから湧き出す美人の湯で美肌美人に
潮風が心地よい露天風呂「縹」の「檜の湯」
このホテルが湯元の地下1200mから湧き出す「鳴門温泉」。美人の湯とも呼ばれるナトリウム塩化物泉の温泉で、本当に肌に心地よいのです。「椿の湯」と「檜の湯」がある本館1階の露天風呂「縹」と、本館8階の展望風呂「瑠璃」の「草木の湯」と「柑橘の湯」の4つの浴場でお楽しみください。季節によっては、「縹」では淡路島から昇る朝日が、「瑠璃」では神々しいような海上の月が眺められて、心身ともに生き返るような感動を覚えること間違いなしです。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。

四国のその他の記事