シンプルな外観が風情を誘うハイグレードなお宿

奈良公園の一角に佇むスモールラグジュアリーホテル【奈良県 ふふ奈良】

奈良公園の一画、瑜伽山[ゆうがやま]園地内にある、数寄屋造のスモールラグジュアリーリゾートホテルです。かつて高畑町裁判所があった跡地に立つというホテルの建物は、基本デザインが隈研吾建築都市設計事務所、野趣に富んだ中庭はランドスケープアーキテクトの宮城俊作氏が手がけたもの。大和張りの塀を設えた玄関が印象的な宿泊棟と、暖簾に風情を感じる飲食棟の2つの棟が緑の木立の中に佇んでいます。 「灯籠の灯り、歴史の香り、庭屋一如の奈良リゾート」。その言葉に素直に頷ける閑静な魅力溢れたホテルです。
奈良公園ラグジュアリー数寄屋造
エリア : 近畿全般奈良県
テーマ : 建築・史跡,ホテル・旅館
投稿日 : 2022.1.12
古都・奈良が感じられるハイグレードなスイートで寛ぐ
ワンルームタイプのプレシャススイートツイン
プレシャススイートツインの客室露天風呂は格別
吉野杉の古木を活かしたフロントカウンター、奈良の土で作られた花器や器、柔らかな光の奈良晒のランプシェードなど、奈良の職人の手仕事やアート作品が随所に見られる宿泊棟。古代墨の色を基調としたシックな館内には、「スタイリッシュスイート」、「コンフォートスイート」、ハイグレードな「ふふラグジュアリープレミアムスイート」など、5タイプ30室のお部屋をご用意。 すべてのお部屋が木々に囲まれたスイートルームで、渋い色調の壁や家具、内装もどこか古都・奈良を思わせる品のよい造りです。お部屋は全室70平方m以上のゆったりとした広さ。温泉露天風呂と床暖房のシャワー室付きです。露天風呂の単純温泉のお湯に、和漢植物が入った薬草袋を浸せば“和漢の香り”も楽しめます。奈良公園を渡って来る風を感じながら、和漢の香りがする温泉露天風呂に浸かり、奈良の旅のひと時をさらに満ち足りたものになさってください。
古き良き奈良の味を、新しい視点でこの土地ならではの味わいに
器にもこだわったお料理は古くて新しい奈良の味(イメージ)
ロビーのある宿泊棟から少し離れた飲食棟へ。竹林の中の石段を下りて行くと、そこに「鉄板焼き久璃」を併設したシックな外観の「レストラン滴翠」が。薬の発祥の地とされている奈良だけに、大和野菜や自然薯、和ハープ、さらには大和牛など、身体に良くておいしい食材がたくさんあります。“医食同源”をコンセプトにした料理長厳選の月替わりの会席料理や鉄板焼きでは、そんな奈良の食材を、気配りのあるスタッフの温かいサービスと共にたっぷりと味わえます。奈良の郷土料理である茶粥に、色とりどりの小鉢が付く朝食も、食べれば元気が湧いてくるようです。
ホテル独自の体験プログラムで奈良の旅を満喫
このホテルの魅力の一つにホテル宿泊者専用の充実したアクティビティがあります。どのプログラムも有料ですが、ホテルの専用ガイドの案内は的確でとても楽しめるものです。例えば、奈良の歴史や文化を知りたいならカルチャーツアーの「朝の春日大社参拝と奈良公園ガイドウォーク」と「朝の東大寺ガイドウォーク」がおすすめ。奈良の大自然を味わいたいなら「春日山原始林ハイキング 早朝の若草山で森林浴コース」や「春日山原始林ハイキング 旧柳生街道 滝坂の道コース」のネイチャーツアーを。ふふオリジナルの人力車ツアーや華道家の指導での華道文化体験は、奈良の旅の思い出に最高のプログラムです。予約は原則7日前までですので、ぜひ旅のプランに加えてみてください。
---------------------------------------------- ※記事には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。