松の古木が見事な枯山水の湖畔庭園

山陰の味覚と培われたもてなしの妙を松江の老舗旅館で味わう【島根県 皆美館】

「水の都」とも呼ばれる旧松江藩の城下町・松江。国宝松江城を中心に宍道湖畔に広がる市街には、月照寺や島根県立美術館、小泉八雲記念館など多くの見どころが点在しています。さらに日本海にも近く、目の前には夕日と宍道湖七珍で知られる自然の恵み豊かな宍道湖も。 明治中期の1888年創業、宍道湖畔に佇む松江の老舗旅館「皆美館」。樹齢300年の名松が見事な、宍道湖を借景とする枯山水庭園をもつ宿です。明治、大正、昭和と、「皆美館」は多くの文人に愛されて来ました。皇族方をはじめ、小泉八雲、芥川龍之介、川端康成、岡本太郎等々、著名な文化人や政財界人、芸術家など、枚挙に暇がありません。 「客の心になりて亭主せよ」という大名茶人・不昧公(松江七代藩主松平治郷)の教えを家訓としている「皆美館」。今もこの宿では、その伝統のもてなしの心を、心地よく感じ取ることができます。
松江宍道湖枯山水
エリア : 島根県
テーマ : 温泉・立ち寄り湯,ホテル・旅館
投稿日 : 2021.11.25
全室造りの違う部屋はレトロモダンな魅力がいっぱい
宍道湖大橋を眺めるレイクビュースイート「明星」
宍道湖の東端、宍道湖大橋の袂に位置する「皆美館」は、白砂に松の古木の緑が映える庭園をもつ日本の伝統美を感じさせる宿です。客室は、それぞれに個性的な趣ある造りの5タイプ16室。「和のオーベルジュ」をコンセプトに、伝統的な和の風情と新しい感性のデザインを調和させたクオリティの高いレトロモダンな造りです。 最上階の4階のレイクビュースイートの4室は、全室展望温泉風呂とサンルーム付きリビングのある和洋室。2階に4室あるガーデン・レイクビュースイートの中の「老松」は、別名が「藤村の間」。文豪・島崎藤村ゆかりの客室で、梁や柱は当時のままです。「湖と庭の別邸 美文」のメゾネットタイプの特別室「水の彩[いろ]」や、数寄屋造で茶室を思わせる特別室の離れ「瓢庵」など、同じ造りの客室はありませんから、何度も訪れて違う客室に泊まるというのもよいのではないでしょうか。
伝統の味で仕上げた豊かな山陰の味覚に感動
冬の味覚「松葉蟹」も多彩な料理で味わえる(イメージ)
期待の食事は、宍道湖と湖畔庭園を眺めながら料理が味わえる食事処「庭園茶寮 みな美」で。 日本海や宍道湖、中国山地など、四季折々の山海の幸が手に入る松江は食材の宝庫。その極上の食材をさらに厳選し、この宿に代々受け継がれてきた伝統の味で仕上げています。日本海の冬のカニ料理、シラウオやウナギ、モロゲエビなどの宍道湖七珍、しまね和牛などを使い、「鰻しゃくもどき」や「鱸の奉書焼き」などの郷土料理も取り入れた会席料理は、器や盛り付けにもこだわった逸品ばかり。 朝食には皆美の家伝料理「鯛めし」に、宍道湖産シジミの「しじみ汁」と、奥出雲延命水と土鍋で炊き上げる仁多米のこしひかりのご飯が好評です。
檜の香りに包まれ、やわらかな温泉に肌も喜ぶ
洗練されたシンプルな造りの大浴場
近代的な宿が多く立つ松江市街の宍道湖畔は、松江しんじ湖温泉としても知られるところ。源泉温度約77度というナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉の温泉は、さらりとした無色透明の温泉。 「皆美館」では、大浴場のほか、レイクビュースイートとガーデン・レイクビュースイート、別邸美文の客室風呂でも楽しめます。男女別にある大浴場の湯船は香りのよい檜風呂。美肌の湯ともいわれる温泉をゆっくりと楽しめます。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。

島根県のその他の記事