三徳川に姿を映す「三朝薬師の湯 万翆楼」

山陰の味覚と源泉3本のラジウム泉が自慢の老舗宿【鳥取 三朝薬師の湯 万翆楼】

鳥取県のほぼ中央に位置する三朝温泉は、「とっとり梨の花温泉郷」のひとつに数えられる、平安時代末期からの歴史をもつ温泉地です。温泉名の「三朝」の由来はいくつかあるのですが、その中でも「三つ目の朝を迎えるころには病が消える」という由来が、いかにも効能高い三朝温泉らしいと思います。三徳川沿いにある風情漂う温泉街には、三朝温泉の起源である源泉・株湯を引く公衆浴場「株湯」や入るにはちょっと勇気のいる露天風呂「河原風呂」のほか、大小20軒を超える旅館・ホテルが立ち並んでいます。「三朝薬師の湯 万翆楼」は温泉街の中央部、三朝橋の袂に立つ老舗旅館です。創業は昭和初期の1941年。源泉掛け流しにこだわり、心温まるもてなしと滋味豊かな料理で評判の宿です。
三朝温泉とっとり梨の花温泉郷
エリア : 鳥取県
テーマ : 温泉・立ち寄り湯,ホテル・旅館
投稿日 : 2021.11.15
浸かってよし、飲んでよし、吸ってよしの温泉で健康回復
「お薬師様乃湯」の露天風呂も源泉掛け流し
自慢のお風呂は、大浴場「お薬師様乃湯」。入れ替え制で露天風呂付きの「姫の湯」と「殿の湯」、貸切風呂の「真珠の湯」の3つの浴場があます。それぞれに3本の自家源泉の1つを引いています。もちろん、どのお風呂も源泉掛け流しです。入浴アドバイザーのラヂムリエ(三朝温泉の泉質である「ラヂウム」泉と、「ソムリエ」を繋いだ造語)がいるので、効能や入浴法をレクチャーしてもらうのもいいですよ。 浴場内に一歩足を踏み入れれば、湯船から立ち上る湯気が身体を包み込んで、呼吸をするたびに身体の中から癒されるような感覚に。温泉は高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉。効能が高く自然治癒力も高めるといわれていて、浸かってよし、飲んでよし、吸ってよしの温泉です。湯上り処の自家源泉は飲泉できるのでぜひ。 かつては1週間~1カ月もしていた湯治を、現代の生活スタイルに合わせた2泊3日の「現代湯治」で心身ともに健康になりましょう。
山陰の味覚をめいっぱい味わえる贅沢な会席料理が評判
鳥取牛やノドグロなどを盛り込んだ「優雅」プラン特選「極み会席」(イメージ)
夕食は京都の町屋街の雰囲気がある個室料亭「花筏」か、和風モダンスタイルの「翡翠桟敷」のどちらかで。「味のまんすい」といわれるこの旅館の料理は、先付からデザートまで、一品一品全て手作りにこだわった料理。その季節ごとに、山陰の味覚をこだわりの器に盛り込んでいます。料理長おまかせ会席で地取れ素材をたっぷりと味わえますよ。 12品の基本会席に加え、量控えめ会席やメインをチョイスできる特選会席、さらにグレードの高い「極み会席」も。「優雅」プランでは、この秋は鳥取牛やノドグロ、ズワイガニなど、山陰の贅沢な旬の食材を使用した特選「極み会席」がおすすめです。
旅の疲れが癒される寛げる和室でゆったり過ごす
最上階の半露天風呂付きスイートの「雅スイート」
タイプ別のお部屋は全部で44室。4.5階の「華翆苑」と、別棟「高千穂」の2つのフロアと客室棟に落ち着いた佇まいのスタンダード和室が揃っています。和と洋のよさを合わせた和ツインや、眼下に三朝橋や三徳川が一望でき、リビングや和室、ベッドルームを備えたコーナースイートもあり、それぞれに落ち着けるお部屋です。 おすすめは、最上階の半露天風呂付きスイートの「雅スイート」。「和創匠」と名高い松葉啓氏設計の、和室にツインベッド、リビング、半露天風呂が付いたスイートルームで、冬には床暖房で足元がポカポカに。半露天風呂のお湯はもちろん源泉掛け流しです。
---------------------------------------------- ※記事内容には投稿者の感性や主観が含まれます。おすすめする内容や好みには個人差がありますので何卒ご容赦ください。 ※記事内の情報は投稿日またはそれ以前の取材時や草稿時のものです。事後の経年変化は記事には反映できておりません。また、時期により感染症・天災等で一時的に営業状況等が変更されている場合もあります。お出かけの際は地域や施設のホームページ等で最新情報をご確認ください。